TOKYO SHUTTER MEMO

”おでかけ好き”な方に向けたブログです!気になるスポット・写真・カメラ関連のお得な情報を配信します。

【箱根】自然を生かした彫刻の森美術館の野外作品は必見!

time 2016/11/25

【箱根】自然を生かした彫刻の森美術館の野外作品は必見!

こんにちは!TOKYO SHUTTER MEMOです!

今回、大人の休日を楽しみたいということで人生初の箱根へ行ってきました。

目的は、温泉と食ですが…せっかくなので人気の観光スポット「箱根 彫刻の森美術館」に立ち寄ってきました!

特徴は、野外美術館なので自然とアートを一緒に楽しむことができます。

どの季節(春夏秋冬)でも楽しめると思いますが、個人的には紅葉が見られる秋がおすすめです!

それでは、「箱根 彫刻の森美術館」についてと自分が気になって撮影した作品をご紹介していきたいと思います。

sponsored link

箱根 彫刻の森美術館はどんなところか?

箱根 彫刻の森美術館
彫刻の森美術館は、自然が豊かな箱根にある国内初の野外美術館です。

彫刻家(近・現代)の作品が120点ほど展示されているので、芸術が好きな方にとってはたまらない場所ではないかと思います。

野外の作品は、木々や草花に囲まれているので四季の自然(紅葉など)を感じながら楽しむこともできます。

野外展示作品

数ある作品の中で、個人的に気になったものをご紹介していきたいと思います。

とらわれのアクション

とらわれのアクション
アリスティド・マイヨールさんの作品です。

野外展示場の入り口付近にあり、最初に目にする作品としては、なかなかのインパクトがあると思います。

豊満な女性の体に男性的な顔を備え、後ろ手に縛られ身をよじり自由への希求を実現した作品。

出典:箱根 彫刻の森美術館(PDF作品解説)

樹人

樹人
岡本太郎さんの作品です。

岡本太郎さんらしい作品ではないかと思います。

東京でも、岡本太郎さんの作品を見ることができるので気になる方は以下の記事をチェックしてみてください。

★岡本太郎の作品一覧が見られる記念館は東京の穴場観光スポット!

樹人の題名のとおり、どこか人間的な暖かみが感じられる作品です。

出典:箱根 彫刻の森美術館(PDF作品解説)

戦士

戦士
マリノ・マリーニさんの作品です。

「戦士」といわれてもわかりづらいですが作品ですが、そのわかりづらさも芸術のひとつなのかもしれません。

力尽き、今にも倒れようとする馬と戦士の姿が表されています。

出典:箱根 彫刻の森美術館(PDF作品解説)

弓を引くヘラクレス

弓を引くヘラクレス
アントワーヌ・ブールデルさんの作品です。

躍動感があり、何を表現しているかわかりやすいと思います。

見た目がかっこよくて、個人的に好きな作品です。

ギリシャ神話の英雄ヘラクレスが怪鳥を射とめようとする瞬間を表現したもの。

出典:箱根 彫刻の森美術館(PDF作品解説)

嘆きの天使

嘆きの天使
フランソワ=ザビエ、クロード・ラランヌさんの作品です。

大きな天使の顔がプール的な場所で横になっているというところが、印象的です。

ラランヌ夫婦の共同制作の作品。陶酔した表情を水面に映し出しています。

出典:箱根 彫刻の森美術館(PDF作品解説)

力、勝利、自由、雄弁

力、勝利、自由、雄弁
アントワーヌ・ブールデルさんの作品で、代表作のひとつともいわれています。

作品に力強さがあり、存在感があります。

左から「力」「勝利」「自由」「雄弁」。将軍の理想と業績をシンボルとして表したものです。

出典:箱根 彫刻の森美術館(PDF作品解説)

横たわる像:アーチ状の足

横たわる像:アーチ状の足
ヘンリー・ムーアさんの作品です。

彫刻の褐色と紅葉の色の相性がよく、自然とアートが一体化しているようでした。

大地の上に横たわる人の姿をあらわしています。当館が最初に所蔵したムーアの作品です。

出典:箱根 彫刻の森美術館(PDF作品解説)

16本の回転する曲がった棒

16本の回転する曲がった棒
動く彫刻の第一人者である伊藤隆道さんの作品です。

動かない作品とはまた違う魅力がある作品ではないかと思います!

作品は電気を使い、モーターで回っています。光を反射させながら空や周りの風景を写しこみ、くねくねとうねっているように見えます。

出典:箱根 彫刻の森美術館(PDF作品解説)

交叉する空間構造

交叉する空間構造
後藤良二さんの作品です。

たくさんの人の繋がりや力強さ(エネルギー)を感じられるのではないかと思います!

黒い男性像と赤い女性像が各72体、お互いが手足をつなぎ連なっています。

出典:箱根 彫刻の森美術館(PDF作品解説)

偉大なる物語

偉大なる物語
ジュリアーノ・ヴァンジさんの作品です。

彫刻でひとつの物語を表現しているのが、とても印象的な作品です。デザインセンスがすごいと思います!

人間の存在とその意味、とくに男の人生をあらわしています。

出典:箱根 彫刻の森美術館(PDF作品解説)

両腕

両腕
どなたの作品かわからないのですが、ユニークで面白いなと思い個人的に気になる作品として紹介します!

巨大な目玉焼き

巨大な目玉焼き
誰かの作品というわけではない?そうです。

すぐそばにトイレがあるので、ちょっとした休憩場所又は子供が少し遊べるようなエリアといったところだと思われます

神の手

神の手
カール・ミレスさんの作品です。

神にとって人間はこれぐらいだとあらわしているような作品に見えます。

作品名もそうですが、なかなか印象に残ります。

ミス・ブラック・パワー

ミス・ブラック・パワー
ニキ・ド・サン・ファールさんの作品です。

カラフルなドレスとバッグがものすごく目立つ像です。

大きさがあり、存在感もあるので写真を撮っている観光客がたくさんいました。

巨大な女性像シリーズ(ナナ)のひとつ。生命の源としての女性の自信に満ちた、女性自身による高らかな女性賛歌の像です。

出典:箱根 彫刻の森美術館(PDF作品解説)

密着

密着
アントニー・ゴームリーさんの作品です。

個人的に、このような作品は好きですね。

身体全体で大地に密着し、自分も地球の一部であると表現しているところが面白いなと思います!

手足を思い切り伸ばし、大地にまさに密着しようとしている姿。作者自身の身体の型を取って作られました。

出典:箱根 彫刻の森美術館(PDF作品解説)

横たわる像:アングル

横たわる像:アングル
ヘンリー・ムーアさんの作品です。

「横たわる像:アーチ状の足」と違い、「横たわる人」と認識できる作品でした。

幸せをよぶシンフォニー彫刻

幸せをよぶシンフォニー彫刻

ステンドグラス

ステンドグラス
一見、普通の塔ですが、中に入ってみると幻想的で美しい世界が広がっています。

塔内の階段を上がると箱根の山々を一望することができます!

おすすめのスポットなので、立ち寄ってみてください。

分厚いガラスを槌で手割りにした破片で作られたステンドグラスが全面にはめ込まれ、外光を複雑に屈折しながら透過させて幻想的な美しい世界を想像しています。

出典:箱根 彫刻の森美術館(PDF作品解説)

将軍の孫

将軍の孫
日本を代表する美術家の一人である北村西望さんの作品です。

小さい子供が敬礼しているというところが、とても印象的な作品です。

海辺の人々

海辺の人々
フランシスコ・スニガさんの作品です。

3人の男性の佇まいが印象的でした。

抱擁

抱擁
サンティアゴ・デ・サンティアゴ・エルナンデスさんの作品です。

男性と女性の抱擁が印象的でした。

基本情報

箱根 彫刻の森美術館
【所在地】神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1121
【開館時間】9:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)
【休館日】年中無休
【HP】http://www.hakone-oam.or.jp/

「いいね!」をお願いします!

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カメラ関連グッズ

神奈川

群馬



sponsored link