TOKYO SHUTTER MEMO

”おでかけ好き”な方に向けたブログです!気になるスポット・写真・カメラ関連のお得な情報を配信します。

蛍が観賞できる!?名水百選に選定されたお鷹の道・真姿の池湧水群!

time 2016/08/04

蛍が観賞できる!?名水百選に選定されたお鷹の道・真姿の池湧水群!

梅雨が明けて、夏本番といったところでしょうか?夏の晴れた日には、どこかに行きたくなったり散歩をしたくなりますよね!

私は、「朝・昼・夜」問わず散歩をするのが好きです。散歩をしているときは、何も考えずぽけ~っとできますからね…最高です。

あとは、地味に健康を意識しているのでね。適度な運動として散歩をしています。

はい。そんな感じで散歩というキーワードが出てきましたが、今回ご紹介するお鷹の道・真姿の池湧水群はちょっとした散歩に最適なんです!

しかも、蛍が観賞できるとかできないとか!?

それでは、さっそく見ていきましょう!

お鷹の道・真姿の池湧水群

お鷹の道・真姿の池湧水群
「国分寺」駅から徒歩で15〜20分ほどの距離にある国分寺の観光スポットです。

周辺には、野菜を販売している所・カフェ・ホタル観賞エリアがあるので、個人的には観光スポットというより知る人ぞ知る散策スポットのような気がします。

小さな子供たちにとっては「水遊びができるスポット」ではないかと思います。

真姿の池湧水群

真姿の池には、以下の伝説(言い伝え)があります。

847年(承和14年)、当時絶世の美女と謡われた玉造小町は、業病とされた皮膚の病に冒され、その容色を失い、治療の効なく変わり果てた己が姿に、「御仏の慈悲にすがっても」と意を決し、小町は当地の国分寺を訪れ、薬師如来にぬかづいて一心に祈り続けたところ、三×七=二十一日目に一人の童子が忽然と現われ、小町をとある池の畔に誘い、「この池水にて身を洗うべし」そういいおいて童子は姿を消してしまうが、藁にもすがる想いで小町がいわれたとおりにしたところが、七日にして、元の美しい姿を取り戻した。

出典:Wikipedia

水脈

実際に、水がとても綺麗(透明度が高い)なので、上記の伝説はほんとうなんじゃないか!と思ってしまいます。

野菜販売所

野菜販売所
農家の方が野菜を販売しているようで、都会にいることを忘れてしまいそうな場所です。真姿の池の近くにあるので、立ち寄ってみてもいいかもしれません。

ほたるのすむ川

ほたるのすむ川
5月下旬〜6月上旬あたりで、ほたるを観賞できるそうです!しかし、最近は数が減少しているようで見ることができない場合もあるそうです。

史跡の駅おたカフェ

史跡の駅おたカフェ
散策が終わったら、こちらで一息つきましょう!トイレや休憩スペース(お弁当持参OK)として利用できる場所です。

メニュー(食べ物・飲み物)もしっかりあるので、食事をとってもいいかもしれません!

※史跡の駅おたカフェ情報
【HP】http://ota-cafe.com/
【住所】東京都国分寺市西元町1丁目13−6
【交通】「国分寺」駅から徒歩15~20分

まとめ

「1人で散策・ちょっとしたデート・小さい子供がいる家族」には、良さげなスポットです。

夏の時期であれば、夕方ぐらいに軽く散策しに行って史跡の駅おたカフェで休憩がてら食事をしてほたるがいるかどうか確認して帰宅というのがおすすめです。

※基本情報
【住所】東京都国分寺市 東元町3丁目
【交通】「国分寺」駅から徒歩15~20分

「いいね!」をお願いします!

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カメラ関連グッズ

神奈川

群馬